ペットロスからの復活

◆たとえ今は光が見えなくても・・・

一緒に暮らしていた『家族』が亡くなり悲しまない人はいないでしょう。
それが動物でも同じこと

しかし悲しいことに現在の文化では
動物の死を嘆き悲しむ
という行為は理解されないかもしれません。
でも、だれがなんと言おうと『家族』ですから
そうなる「自分」は当たり前なのです。

今の自分は正しいのだと、自分を認めてあげてください。

そして・・・時間が経ち、あなたが立ち直ることを
彼らは待っているのです

『死』を受け入れるには定義があるといいます。
「否認と隔離」、「取引」、「怒り」、「抑うつと悲嘆」、「受容」そして「再投資」です。

これらの順番は人によって違いますし、一度に訪れることもあります。

でもいつか必ず出口はあります。焦らず、自分を責めず一歩ずつそれらを「消化」していきましょう。

 

 

動物には動物の寿命があって人間同様にカルマ(業)背負っていること
そして死期が来れば死ぬのだということです。
死期の来ない前の病気やケガは必ず治ります。
またそうであるとき必ず動物は『治して欲しい』と訴えます。

でももうどうしようも出来ないとき彼らはそれを静かに受け入れます。
動物はそれを当たり前に理解しています。
そして『肉体』だけが全てとは思っていないということ。
言い換えれば魂は永遠だから『死』を恐れない。
『死』は特別なことではないということ。

彼らの尊厳を受け入れましょう。

残されたあなたのこといつも見ています。
責めているでしょ?自分のこと。
それは一番容易いことだけど、
私が愛したあなたのことをあなたが責めるのは見ていてつらいです。
私は「悪いこと」をしてしまった。
あなたにつらいことだけを押し付けて
去ってしまったから。

そんなつらそうなあなたを見て
今度は私が私を責めてしまいます
「私のせいで、私の愛するあなたを泣かせてしまっている」
いつも笑顔で抱きしめてくれた
一番ステキな笑顔を
あなたから奪ってしまった

すべてを受け入れるのには時間が必要でしょう。

でも私はいつでもあなたのそばにいます
一度は天使のそばに行くけれど
その後は天使と一緒にあなたのそばにいます。

あなたの笑顔が見たいから

ゆっくりと、笑顔になる日を信じて
待っています。

動物と一緒に暮らすということは彼らの「全てを受け入れる」ことです。
『死』もまた彼らの全てであると同時に「生まれ変わり」という新しい始まりでもあります。

あなたの気持ちを動物に伝えよう。

そうすれば・・・むろん泣いてもかまわないが、一緒に過ごした時の楽しかった、思い出も思い浮かべるように・・・

動物はあなたの愛情の強さを感じあなたが決して自分を忘れないことを知るだろう。

悲しむと同時に祝福しよう。心の絆を断ち切ろうとしてはいけない。

「生まれ変わり」を信じ、待ってみてはどうでしょう。
現在・過去・未来 あなたが出会う動物は必ず縁があります。
もう一度、温かい感触をこの手の中に・・・

 

クリック→犬についてとてもココロ温まる詩です 朝日新聞 2004.2.28 掲載の広告から

© 2017by癒しの里 青蓮庵 Wix.comで作成したホームページです。

  • s-facebook
  • Twitter Metallic
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now